タイプ別消臭剤について

タイプ別消臭剤

  • 消臭剤の種類
消臭剤といってもさまざまな種類があり、その中でも多くの分類があります。
ざっくりわけると置き型タイプの消臭剤とスプレータイプの消臭剤です。
その中でも、ろ紙引き上げタイプであったり細い木の棒をさしてその木に薬剤を浸透させ、香りを部屋に広げるタイプがあったり、またスプレータイプはミストの状態で吹きかけるものや霧吹きのような状態で吹き付けるものもあります。
いずれも適材適所があり、それを意識して無意識に購入している方も多いかもしれません。
それぞれ特性がありますので、よりうまく使い分けをするように意識すると効果が最大限に発揮されるでしょう。
なお活性炭などが使われているものは脱臭剤に分類されますので、一緒に思われがちですが全く違うものだといわれています。消臭剤は広い範囲をまんべんなく気になる臭いをとり、脱臭剤は一箇所の臭い、つまり根本的な臭いに強くアプローチしてくれますので使い分けを意識することをお勧めいたします。
臭いをくっつけ臭わない状態に中和するのが脱臭剤、香りを漂わせて広い範囲に香りを届けて臭いを上書きしていくのが消臭剤となっていますので、ここでもまた適材適所があるのでご注意ください。
このように、消臭剤、脱臭剤でも適した場所がありますので、たくさんある消臭剤も一番効率的な方法がそれぞれにあります。
また消臭剤もいまアロマ効果があるものも多く、芳香剤の役割を果たすものもありますので段々とこの消臭剤、脱臭剤、芳香剤の壁はなくなってきているように思いますが、脱臭剤は今も冷蔵庫などの狭い空間ではもっとも効果的で、食品に臭いがつくこともないので重宝されています。
消臭剤と芳香剤はいま両方の特性を含んだものが多く販売されていますので、香りの好みで選んだり、その置き方タイプのデザインで選ぶなど色々な方法がとられているので好みで選ぶとよいかもしれません。
なんとなく消臭剤を置いてみて、その香り自体を楽しんだりする人も多いですが、実際悪臭が気になって設置する方もいます。
そして置き型ではできない、直接衣類などに吹き付けて消臭する場合もあれば、空気中に振りまいて例えばタバコの臭いなどを消臭することもあります。
また車ですとエアコンに直接設置して送風で香りをだすものもあったりと消臭剤も多彩となっています。
ざっくりというと二種類ではありますが、その中から用途にそったもの、また好みのデザイン、香りのものを選んでご活用ください。
 

おすすめの商品

強力消臭スプレー!ミラクリーンR 1000ml 詰替え用です。
お得な業務用サイズで、洋服、室内、台所、などのにおいやカビ対策におすすめです!